Intelligent OCR

これが、AI OCR。

Intelligent OCR に関するお問い合わせ

特別なチューニングや事前学習は必要ありません。
今すぐこの精度からAI-OCRをはじめる事ができます。

文字を読むための、AIという選択

従来型OCRでは、文字と文字のつなぎ目や切れ目を判別することは、困難です。ひとつひとつのケースに対応するプログラムでは、人の精度に追いつくことができません。AIなら、人の精度を超えることができます。

AI導入の強みを活かす、AUTO LEARNING

AIは使えば使うほど賢くなるよう、最適に構成されています。
ユーザーがそのことに手間をかける必要はありません。

高速処理のための、分散コンピューティング

一瞬でも早く業務を進めるために。
最適化されたGPUの構成と、分散処理を実現しています。

大規模処理のための、AUTO SCALING

大量データ読取り時も、自動でスケーリングを行います。
必要な時に必要な分だけのリソース利用が可能です。

個人情報を扱わない、匿名化システム

どんなに便利なシステムも、セキュリティリスクには変えられません。特許取得の匿名システムで、個人情報に触れずにデータ化を行うことができます。

金融法人、BPO業界での多くの実績

実証実験ではなく、セキュリティや品質がシビアに求められる現場で、実運用として今日も使われています。


読取りたい範囲を指定するだけ。
1度設定すれば、あとは何枚でも自動で認識。
シンプルなツールで一度設定すれば、解像度や傾きの補正、文字以外の除去など、
高度な作業をバックグラウンドで自動処理することができます。

アウトプットのデータ形式は
自在に。
OCR結果は、書類1枚ずつのアウトプットではなく、
その時々の業務単位でCSVにまとめて出力。

高品質なデータ化業務のための
ワークフローを。
ドキュメントの種類によって、さらには項目によって、
人のチェックを行うべきか、全てAIに任せても良いのかをワークフローとして構築。

誰もが使えるように

OCRの設定はプロでないと難しい。Intelligent OCR はその常識を覆した、簡単に、誰もが使えるアプリケーションです。高度な知識は必要なく、クリックだけでOCR設定からワークフローの設定まで、すべてを行えます。

高精度なスキャン画像補正

画像データの取込みで必ず発生する画像のズレ補正機能だけでなく、FAXデータなどをクリーンアップするなど、数多くの画像補正機能を自動で最適実行。さらにAIが自動で書類の読取り対象領域を抽出します。

業務適用しやすいアウトプット形式

アップロード単位でのCSVを、インターフェースからダウンロードすることができます。Sorter アプリケーションとの連携では複数種類の帳票データを紐付けた高度なCSVダウンロードも。APIではJSON形式も対応。

入出力APIでシームレスな連携

RPAツールやアプリケーションとの連携に。
書類画像のインプットと、OCR結果アウトプットはインターフェース操作以外に、API連携することができます。


0.1秒でも早く、簡単に、
正確なデータチェックを。
Intelligent OCR には、プロ仕様のデータチェックシステムが含まれています。
長年培われてきたデータ入力/チェック業界のニーズも満たせるように、0.1秒に挑戦しています。

データチェックも、AIのサポートを

どのレベルの業務を行うために、どのデータをチェックすべきなのか。0.1秒でも早く業務を完了させるには、やるべきこととやらないことの区分けも必要です。精度を落とさずに、スピード処理をサポートするAIが、データチェックをサポートします。

データチェックの基本

エントリー作業のAIによるサポート、ベリファイのサポート、エントリーベリファイの複数回チェックのサポートなど、データチェックに関する基本機能を取り揃えています。

キータッチのみで操作

マウスの操作なしに、通常のフォーム入力と比べて、さらに最適化されたキータッチでデータチェック業務を進めることができます。

大規模処理のための、同時アクセス

業務フローを素早く次のフェーズへ進めるために、大規模同時アクセスが可能です。

権限管理は、確実に

Management Console との連携で、誰が、いつ、どのデータにアクセスして何をすべきなのか、業務権限の管理を行うことができます。

グループ会社のための、一元管理機能

グループ会社のデータチェックをまとめる業務のために、セキュリティに配慮しながら一元管理するためのオプションも、利用可能です。

業務システムのためのアウトプット値加工

OCRの値をチェックした後に、システムinsertを行えるデータ形式に変換することができます。用意された加工設定は30以上。あなたの業務システムにあった設定が見つかります。

RPAツールとの連携

あらゆるRPAツールとの連携実績があります。ユーザインターフェース上での連携はもちろん、入出力はAPIでの連携も一部ツールで可能です。

AI inside の革新的な製品を作り上げているのは、あなたと我々の、チームワークです。

Intelligent OCR に関するお問い合わせ