NEWS ニュース

AI inside、レオパレス21の各種申込書等のデータエントリー業務の効率化のために、AI を活用したIntelligent OCRの技術提供を開始。

2017年05月26日

AI inside株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:渡久地択。以下、AI inside。)は、株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、社長:深山英世。以下、レオパレス21。)に対して、AI insideの持つ人工知能「Neural X」を活用したIntelligent OCRの技術提供とサポートを開始いたしました。Intelligent OCR は人工知能により手書きも含む書類の文字認識を行い、データ入力作業の生産性・安全性を向上させるサービスです。

これまでレオパレス21は、各種申込書や社内書類の大部分を、自社の人員作業でデータエントリーしておりましたが、AI insideのIntelligent OCR を活用することにより、事務作業時間の削減、効率化を可能にしました。 この取り組みにより、レオパレス21は自社の社員リソースをこれまで以上に顧客サービス対応に振り向けるとともに、社員のワークライフバランスの実現を図る取り組みを強化し、さらなる顧客サービスの拡充と社会貢献への取り組みを図っていきます。

AI inside は、このような社会貢献の取り組みを推進する企業の業務効率化、企業社員のワークライフバランスの実現を支援するサービスとして、人工知能(AI)を活用したソリューションを引き続き提供して参ります。

AI inside のIntelligent OCRは、これまでも広告代理店や保険会社や銀行などの金融機関で、運用実績、試験導入実績がございます。また、ニューラルネットワークを活用した文字認識に関する技術特許(特許第605711号)。個人情報等を安全に取り扱う観点からの、情報の分離匿名化及び暗号化に関する技術特許(特許第608578号)等を保有しており、それらの要素技術をIntelligent OCRサービスで活用しています。

AI inside は、人工知能(AI)を活用した手書き文字を含む書類の文字認識技術で顧客企業の業務改善を実現し、社会のデジタルトランスフォーメーションを実現すべく、取り組みを続けております。今後は、Intelligent OCRでの書類読み取りに加えて、読み取ったデータの活用範囲を広げるべく、コグニティブサービス(データ分析、意思決定サポート等)を提供していく予定です。

以上

◆AI inside 株式会社について
人工知能「Neural X」の研究開発、それを応用したサービスの提供。Neural Xは、データの分析、未来予測することで人や社会、会社・組織などの意思決定を支援するシステムです。適用分野も幅広く、金融・インフラ・製造・医療などさまざまな業界、用途でご活用いただいています。今後は音声やIoTデータなどにも対応予定です。
企業URL:http://inside.ai/

◆レオパレス21について
社名: 株式会社レオパレス21
代表者: 代表取締役社長 深山 英世
設立: 1973年8月17日
資本金: 752億8千2百万円
上場市場:東京証券取引所 市場第一部
所在地: 東京都中野区本町2-54-11
企業URL:http://www.leopalace21.co.jp/

【本件に関するお問合わせ】
AI inside 株式会社 名井
TEL:03-5468-5041
E-mail:sales@inside.ai

お問合せフォームもご利用いただけます。
https://inside.ai/contact/index.html