NEWS ニュース

特許取得のお知らせ「人工知能による高精度の手書き文字列認識技術」

2017年02月01日

漢字、ひらがな、カタカナ、英数字、記号において高精度達成

AI inside株式会社は、人工知能を活用した高精度文字認識技術で特許を取得致しました。
深層学習をはじめとする人工知能モデルによる単一の手書き文字認識は、1つの文字単位の認識においては人間を超える認識精度を出すことができていましたが、業務において実用するには、文字の区切りを正しく判別できないことなどが実用上の大きな課題となっていました。今回当社は、手書き文字列の画像認識において、文字の構成と画像認識の組み合わせ機械学習による、新しい人工知能モデルを開発しました。本モデルの適用により、手書き書類(例:講座振替依頼書、生命保険申込書など)などのデータ入力作業の効率が大幅に向上します。

なお、本技術は当社のIntelligent OCRサービスにて2015年8月より、実務レベルで活用されています。

開発した技術

従来の文字画像認識技術に加え、文字を構成する素因子テキストに分割した組み合わせからなるデータセットによる深層学習モデルにより、高い信頼度が出力される技術を開発しました。本技術の特徴は以下のとおりです。

1.素因子テキストを含む深層学習モデル

新しい深層学習モデルは、文字を分解し、さらに組み合わせで得られる素因子テキスト(図1)を、特徴として記憶させて重みづけを行うことで、効果的に学習・高い信頼度の出力ができる技術です。


図1 素因子テキストへ分割

2.信頼度の比較を行い、手書き文字列の認識候補を高精度に出力する技術

既存技術である言語処理モデルを適用して認識候補を出力したものと、新しいモデルによる出力を比較することができます。これにより単純な辞書の突き合わせではなく、組み合わせを学習することができ、比較をすることでより精度の高い出力結果が得られます。(図2)


図2 認識候補の比較処理

効果

開発した技術は、2015年8月より当社サービスで活用されている技術です。主に金融(銀行、証券、保険など)・広告・不動産業界において数多くの実運用または実証実験の実績があります。
口座振替依頼書や、各種申込書といった手書き文字が書かれた書類のテキスト入力作業効率が大幅に向上します。

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問合わせ】
AI inside 株式会社 中澤
TEL:03-5468-5041
E-mail:sales@inside.ai