AI inside、大日本印刷と資本業務提携契約を締結

AI inside株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:渡久地 択、以下「当社」)は大日本印刷株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:北島 義俊、以下「大日本印刷」)を引受先とする第三者割当増資を実施し、1.2億円の資金調達を行いました。また併せて両社はBPO業務におけるAI技術の活用を進めるべく業務提携(以下「本提携」)をいたしました。本提携により、当社の技術を大日本印刷のBPO(※1)サービスをはじめとする様々なサービスに導入し、サービスレベルの向上や、新しい価値を提供する革新的なサービス提供の実現を目指します。
大日本印刷は、印刷技術と情報技術を強みとして、印刷から包装や建材、エレクトロニクスやBPOなどへと事業領域を拡げ、多様な製品・サービスを提供しています。本提携により、当社の特許技術を活用した手書き文字を高精度かつセキュアにデジタルデータ化する仕組みを適用することで、高い情報セキュリティおよび確実な業務処理が求められる大日本印刷のBPOサービスを一層強化します。また両社は、AI OCR技術の更なる精度向上や、BPO事業のみならず大日本印刷が展開する様々な事業領域におけるAI技術の活用、及びAI領域での共同研究開発を推進します。
 両社は業務提携に係る協議の過程において、業務提携を円滑かつ確実に進めるため、大日本印刷が当社の一定数の株式を保有し、長期的なパートナーシップを構築することが重要と判断し、併せて資本提携を実施することといたしました。
【ご参考】
※1 BPO(Business Process Outsourcing)
企業の各種申込書の受付やコンタクトセンターなど、幅広い業務を代行するサービス。