全国の地方公共団体向けにAI-OCRサービスの無償提供を開始
ー 「NaNaTsu™ AI-OCR with DX Suite」で特別定額給付金の申請受付業務を支援 ー

 AI inside 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:渡久地 択、以下「当社」)は、当社開発の「DX Suite」(注1)を搭載した地方公共団体等向けAI-OCR(注2)サービス「NaNaTsu™ AI-OCR with DX Suite(以下、本サービス)」(注3)が、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋、以下「NTTデータ」)より給付金支給期間である2020年5月1日から2020年7月31日までの間、無償提供されることをお知らせいたします。本サービスは、地方公共団体専用のセキュアな閉域網LGWAN(注4)を活用したサービスです。

■ 概要
 この度「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、特別定額給付金(仮称)事業が実施されることに伴い、当社は申請書の入力自動化方法やAI-OCRに適した様式の作成について行政機関、地方公共団体と意見交換を重ねて参りました。

感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に申請書類のデジタルデータ化を行うことで、地方公共団体職員のリスク・負担軽減と、一日も早い家計への支援を実行するために本取り組みの決定へと至りました。

また、地方公共団体からご相談をいただいておりますDX Suite の帳票定義ファイルも併せて公開いたします。これにより、定められた様式であれば設定作業が不要になります。地方公共団体で帳票のカスタマイズを行う場合においても、画面上の操作で平易に設定を行うことができます。本サービスにおいてはWinActorライセンスも付与され、「特別定額給付金」支給業務をWinActorで自動化するためのサンプルシナリオも提供されます。

<DX Suite は訂正線の飛ばし読み、複数行の読み取り等、あらゆる文字のデータ化が可能>

■ 特別定額給付金 申請書OCR対応様式について
 総務省推奨の様式をもとに作成しております。AI-OCRによる読取精度向上のため、レイアウト等は変更せずそのままご利用いただくことを推奨しております。帳票のカスタマイズを行う場合においても、画面上の操作で平易に設定を行うことができます。

以下より、ダウンロードいただけます。
ダウンロードは【こちら】から

<ダウンロードされるファイル内容>
(1)上記様式でDX Suite を利用した場合の設定定義xmlファイル
上記様式に対する設定定義xmlファイルをご用意しております。帳票設定の負荷なくご利用いただくことが可能です。

(2)銀行コード、支店コード マスタデータ
申請書に記載の金融機関名、支店名から、各コードへの変換を容易にするためのマスタデータをご用意しております。

<使い方>
以下より、動画でご利用方法をご確認いただけます。
動画は【こちら】から

※提供のファイルは状況により予告なく変更する可能性がございます。

■ 本件に関する問い合わせ先
 各自治体、BPO企業等において、本業務への対応方法やお困り毎等ございましたら、併せて以下よりご相談ください。

AI inside 株式会社 担当者宛
問い合わせフォーム:https://dx-suite.com/contact/
電話番号:03-5468-5041
※ 既にLGWAN-ASPサービス「NaNaTsu™ AI-OCR with DX Suite」をご契約、ご検討の方は、株式会社NTTデータへお問い合わせください。

■ DX Suite について(https://dx-suite.com/
 DX Suite は、AI inside 独自開発の”文字認識AI”を搭載したAI-OCRサービスです。従来のOCRでは読み取りが困難とされた手書き文字を高精度で読み取り、これまで人が手入力で行っていたデータ化業務を自動化することができます。2020年4月時点で2,000契約の導入実績があり、AI-OCR市場シェアNo.1※製品として、業種業態を問わずあらゆる企業様の業務改革を支援しております。
※ 富士キメラ総研 2019年3月発刊 「2019 人工知能ビジネス総調査」より

■ NaNaTsu AI-OCR with DX Suite について
 NTTデータの提供する「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」は、LGWAN-ASPサービスを利用可能な地方公共団体等向けのサービスです。2019年11月1日のサービス提供開始から半年間で、累計46団体(トライアル版は累計125団体)に利用されるほど、急速に拡大しました。(2020年4月23日時点)「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」により、地方公共団体は手書きの各種申請書類をスキャンし、画像ファイルをLGWAN上に構築したAI-OCRサービスにアップロードするだけで、テキストデータに自動変換できるようになります。主な特長は以下のとおりです。

<RPAツールとの組み合わせにより作業時間の大幅な削減>
「WinActor」や「WinDirector」などのRPAツールと組み合わせることにより、申請書類の入力から基幹システムでの受付処理まで、トータルに自動化することが可能です。

<セキュアな環境での利用が可能>
クラウドセンターとの接続は、閉域ネットワークLGWANを使用しています。また、読み取りエンジンもパブリッククラウドではなく、LGWAN上に構築しているため、セキュアな環境で利用することができます。

<システムの構築やソフトウエアのインストールは不要>
地方公共団体等ごとにオンプレミス型AI-OCRシステムの構築は不要です。また、Webブラウザーで「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」が動作するため、地方公共団体等が使用するパソコンに新たにソフトウエアをインストールする必要もありません。


(注1) 「DX Suite」は、大量の紙書類を高精度で仕分け・データ化し、業務効率化を支援するAI-OCRソリューションです。NTTデータのサンプル帳票による読取テストでは、手書き文字の認識精度約98%という結果となりました。
(注2) AI-OCRとは、従来のOCR技術とAIとを組み合わせ、学習した内容に基づいてルールを見出して読み取る技術のことで、紙や画像中に記載された手書きの漢字や数字などを、高い精度でテキストデータに変換します。
(注3) NaNaTsuは、スマート行政の実現や働き方変革を支援する“自治体業務のお助けデジタル道具箱”として展開する一連のサービスのブランドの名称です。RPAツール「WinActor」とノウハウ共有サイトをセットにしたサービス名称でもあります。
(注4) LGWAN(Local Government Wide Area Network)とは、各地方公共団体や中央省庁との間の情報交換を目的とした、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が運営する行政専用ネットワークです。インターネットから切り離された閉域ネットワークであり、高度なセキュリティーを維持できます。

■ 報道機関のお問い合わせ先
AI inside 株式会社(https://inside.ai
広報担当
TEL:03-5468-5041
E-mail:pr@inside.ai

■ DX Suite やパートナー制度についてのお問い合わせ先
AI inside 株式会社
法人営業部
TEL:03-5468-5041
E-mail:sales@inside.ai