AI inside、NTTデータ社と業務提携し、RPAとOCRによる一元的な事務効率化を実現

AI inside株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:渡久地 択、以下「当社」)は株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋、以下「NTTデータ」)と業務提携し、AIソリューションの共同展開に取り組むことで2018年9月26日合意しました。
 NTTデータは、当社が開発・販売する「DX Suite」をオンプレミス型とクラウド型の両形態で提供する唯一のパートナーとして、サービスの展開を開始します。DX Suiteが加わることで、NTTデータは、スキャナーでの取り込みからOCRでの文字認識、RPAを使った事務作業および複数のRPAの管理・統制ツールまでトータルでカバーするソリューションを一元的に提供できるようになります。これにより、特に金融機関や公共機関のお客さまからのニーズが多い、手書きの申請書類を扱うパソコン業務の一元的な自動化が可能となります。

【NTTデータが弊社を採用した背景】
 働き方変革の解決策として、RPAを用いたパソコン業務自動化が急速に進む中、RPAツール単体では自動化できない紙資料を扱う業務が課題となっています。
 従来型OCRの場合、固定ピッチ(1文字ずつ分かれた記入枠)のあるOCR帳票は自動入力が可能でしたが、フリーピッチ(記入枠が1文字ずつ分かれていない)の非OCR帳票は対象外となっていました。しかし、昨今のAI技術の進展により、フリーピッチ枠の手書き文字認識に強いOCR技術が生まれており、これまでは自動化できなかった業務まで自動化できるようになると期待が高まっています。
 NTTデータでは、RPAの苦手としていた手書き文字の資料を扱う業種の自動化ニーズに応えるべく、AI-OCRベンダーの技術を比較し、WinActorと組み合わせて提供する上で最適なAI-OCRソリューションを検討していました。そしてこのたび、約98%(注2)の手書き文字の認識精度を誇る当社のDX Suiteを採用し、RPAのトータルソリューションとして展開を開始することとしました。


図1:DX Suite認識結果例

【概要】
 NTTデータは、当社が提供するAI-OCRソリューション「DX Suite」のパートナーとなり、WinActorパートナー200社とともに、RPAを強化するソリューションとして展開を行います。DX Suiteは基本的にクラウド型のソリューションですが、特にセキュリティーを重視される金融機関や公共機関などの要請に応え、NTTデータは唯一オンプレミス型とクラウド型の両形態で提供することが可能なパートナーとして活動します(オンプレミス型は年内提供開始予定)。
 一方、当社もNTTデータのパートナーとなり、DX Suiteのユーザーに国内シェアナンバーワン評価のRPAツールWinActor/WinDirectorを紹介していきます。

【DX Suiteについて】
 DX Suiteは、大量の紙書類を高精度で仕分け・データ化し、業務効率化を支援するAI-OCRソリューションです。下記3つの機能で構成され、ユーザーによる特別なチューニングや事前学習の必要はありません。現在はアクティブユーザ数152社(注3)を誇るAI-OCR業界の主流商品となっています。

・Neural X(Intelligent OCR)・・・手書き文字を約98%(NTTデータのサンプル帳票)の高精度でデジタルデータ化するとともに、高度な推論・自動学習アルゴリズムを用いたAUTO LEARNING機能により使えば使うほど賢くなります。
・Elastic Sorter・・・ドキュメントの仕分けをAIで効率的にします。Intelligent OCRやRPAとのシームレスな連携も可能です。
・Management Console・・・権限とアクセスレベルを集中管理できます。権限管理によって、確かな業務遂行とリスク対策を実現します。また、詳細にアクセスレベルの設定が可能です。

【料金について】
 DX Suiteクラウド版・・・アカウント発行料が1,500,000円、ランニング費用として保守費用が月額1,000円/ID(User)、従量費用が月額100,000円~(注4)となります。
 DX Suiteハイブリッド版、DX Suiteオンプレミス版の販売価格は個別見積りとなります。


図2:DX Suiteの提供形態

【提供ソリューションの展開について】
 NTTデータの商品ラインナップにDX Suiteが加わることで、KodakAlaris社のOCRスキャナー(注5)、OCR帳票(注6)に強いPrexifort-OCR、非OCR帳票に強いDX Suite、定型業務を自動化するWinActor、そしてこれらを管理・統制するツールWinDirectorと、オフィス業務全体をカバーするトータルソリューションが揃い、NTTデータのお客さまは、紙情報もデジタル情報も含め、一元的に業務を自動化することが可能となります。

(注1) AI-OCRとはAI(人工知能)を用いて文字認識を行うソリューションのことです。
(注2) NTTデータのサンプル帳票よる読取テスト結果数値
(注3) 2018年8月30日時点
(注4) 1項目1.0円、ブランクの項目(読取値がない場合)は、0.1円となります。
(注5) KodakAlaris社のOCRスキャナーとは、OCRに最適な画質でスキャン可能な高精度スキャナーのことです。
(注6) OCR帳票とは、文字枠をつける等のOCR向けにレイアウトされた帳票のことです。

*「Prexifort-OCR」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
*「WinActor」は日本国内におけるNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
*「DX Suite」は日本国内におけるAI inside株式会社の登録商標です。
*その他の製品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

【ご参考】
 NTTデータのリリースに関しましてはこちらをご参照下さい。

【お問い合わせ先】
 AI inside株式会社 法人営業部
 Tel:03-5468-5041
 e-mail:sales@inside.ai