エントリー

menu

contact

NEWSニュース

URLをコピーしました

2021.10.05

Product

AI inside、富士フイルムビジネスイノベーションのデータ入力を効率化するクラウドサービスに技術提供、AI-OCRによりインテリジェントな文書管理を実現

AIプラットフォームを提供するAI inside 株式会社(代表取締役社長CEO:渡久地 択、 本社:東京都渋谷区、 以下「AI inside」)は、 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(社長・CEO: 真茅 久則、 本社: 東京都港区、 以下「富士フイルムビジネスイノベーション」)が提供する、 データ入力業務のDXを加速するクラウドサービス「ApeosPlus desola Technology by AI inside」(以下、 「ApeosPlus desola」)の帳票データのデジタル化機能へ、 文字認識AI技術を提供しましたことをお知らせします。

今回の文字認識AI技術の提供により、 帳票の仕分け機能・情報を読み取るAI-OCR・データ読み替え・データチェック設定機能を一つに統合し、 シームレスでインテリジェントな文書管理を実現したクラウドサービスが誕生しました。 「ApeosPlus desola」は、 全国の富士フイルムビジネスイノベーション販売チャネルを通じて、 本日より提供開始されました。

技術提供の概要

富士フイルムビジネスイノベーションは、国内外のあらゆる企業における企業における複合機利用・ドキュメント管理システムのリーディングカンパニーです。2020年11月には、AI inside の「DX Suite」と複合機の製品連携を行うなど(※1)、協業パートナーとしてあらゆる企業の帳票データのデジタル化・活用・DX推進に貢献してきました。

それに加え、ビジネスプロセス全体を最適化させるインテリジェントな文書管理の実現を目指し、「ApeosPlus desola」におけるAI技術を提供し共同で取り組んでまいりました。両社が培ってきた技術・ノウハウを集結させ、RPAの設定やAPI連携の手間を不要とした次世代のユーザ体験を実現することができました。

AI inside と富士フイルムビジネスイノベーションは、 「ApeosPlus desola」の提供を通じて、 ユーザの体系的なビジネスプロセスの自動化に寄与すると同時に、 今後も強固なパートナーシップにより、 あらゆる企業・団体において、 より利便性の高いAI利活用の実現やDX推進を支援します。

※1 2020年11月11日「AI inside のAI-OCR「DX Suite」と富士ゼロックス(​​現富士フイルムビジネスイノベーション)の複合機が連携、富士ゼロックスの全国販売網で「DX Suite」を提供」https://inside.ai/news/2020/11/11/aiinside_fujixerox/

両社のコメント

富士フイルムビジネスイノベーション株式会社 エンタープライズドキュメントソリューション事業本部 ソリューションサービス推進部 部長 藤田 亨氏

富士フイルムビジネスイノベーションはお客様のDX実現に向け、「ビジネスの常識から、自由になる。」をコンセプトに、お客様の業務の生産性向上と効率化をご支援するさまざまなソリューションを提供してまいります。
このたびリリース致しました「ApeosPlus desola Technology by AI inside」は、弊社が長年培ってきたオフィスにおける課題解決のノウハウと、AI inside 社の高度な画像処理技術により、お客様のデータ入力業務プロセス全体を通して大幅な効率化を実現します。
AI inside 社とは今後もパートナーシップを強化し、お客様のDX加速に貢献致します。

AI inside 株式会社 代表取締役社長CEO 渡久地 択

当社はプラットフォーマーとしてより利便性の高いAI利用体験を提供するため、さまざまな社会・産業基盤の商材との連携・共同開発を進めており、帳票管理ではあらゆる帳票のデータ活用を最大化させるドキュメント・インテリジェンスの実現に取り組んでいます。富士フイルムビジネスイノベーション社とは、ノーコードで高精度なAI開発が可能な「Learning Center」を用いて、企業のAI技術の活用・運用の内製化、ビジネス変革を起こすDX推進の共同支援も視野に入れています。今後も、デベロッパーへのAI技術の提供と開発支援を行い、プラットフォームの展開を加速してまいります。

市場の背景

世界のインテリジェント・ドキュメント・プロセッシング(IDP)の市場規模は、2021年の8億米ドルから、2026年には37億米ドルに成長すると予測されています(※2)。新型コロナウイルス感染症による労働環境の変化やDX推進の背景から、ビジネスワークフローに合わせたインテリジェントな帳票管理と業務フロー全体の見直し・改善が求められています。

従来の帳票管理では、受領・仕分け・データ抽出・チェック・読み替え・システム入力・ドキュメントデータの保管などの各プロセスにおいて、AI-OCRやRPAを活用した業務の自動化・効率化が行われてきました。しかし、本質的なDX推進のためには、個別の業務フローの最適化だけではなく、業務フロー全体の見直しと改善、そしてAI活用によるインテリジェント・オートメーションが必要とされています。

※2 MarketsAndMarkets「インテリジェントドキュメントプロセッシング (IDP) の世界市場 (~2026年):コンポーネント (ソリューション・サービス)・展開モード (クラウド・オンプレミス)・組織規模・技術・産業 (BFSI・政府・ヘルスケア・ライフサイエンス)・地域別」

「ApeosPlus desola Technology by AI inside」について

富士フイルムビジネスイノベーションが提供する「ApeosPlus desola」は、複合機での帳票の受領から、AI-OCR によるデータ抽出、データチェック、システム入力の一連のフローを自動化・効率化させるサービスです。ユーザはRPAの設定やAPI連携の手間なく、納品日や金額のチェックの自動化や、マスタと照らし合わせたコードの自動読み替え、さらには、ドキュメントの管理や保存、他システムとの連携、自動登録が可能になります。

詳細は、富士フイルムビジネスイノベーションのプレスリリースをご覧ください。
https://www.fujifilm.com/fb/company/news/release/2021/73605

AI inside 株式会社について(https://inside.ai

AI inside は「世の中の人・物にAIを届け、豊かな未来社会に貢献する」というミッションのもと、AIが隅々まで拡がった社会の実現を目指します。AI inside は、「DX Suite」をはじめとしたAIやアプリを利用できる「Workflows」、ノーコードで誰でも高精度なAIを作成できる「Learning Center」、あらゆるAIを動かす「AI inside Cube」などのサービスにより、誰もが手軽にAIを活用できるプラットフォームを提供しています。

社名:AI inside 株式会社(https://inside.ai
所在地:東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビルディング4階
代表取締役社長CEO:渡久地 択
設立:2015年8月
事業内容:人工知能および関連する情報サービスの開発・提供

※文中の製品またはサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

AI inside 株式会社 広報担当
TEL:03-5468-5041 E-mail:pr@inside.ai