エントリー

menu

contact

NEWS
ROOMニュースルーム

URLをコピーしました

2021.12.20

DX Suite

お知らせ

「DX Suite」のAI-OCRが保険証券の読取に対応、データ活用により最適なプラン提案を実現し保険業界のDXを後押し

AIプラットフォームを提供するAI inside 株式会社は「DX Suite」のAI-OCR機能を拡充し、新たな非定型帳票モデルとして保険加入時に発行される「保険証券」の読取に対応しましたことをお知らせします。

今回の対応帳票の拡充により、保険証券の内容の読取をAI-OCRによって効率化し、過去に販売した保険内容のデータベース化を支援します。データ活用により、お客様への最適なプラン提案を実現するなど、業務効率化によりコア業務へ専念できる環境づくりと保険業界のDX推進に貢献します。

保険業界の市場背景と保険証券のAI-OCR活用法

世の中のデジタル化の流れとともに、保険業界でもペーパーレスが進みつつあるなか、デジタル化戦略を策定している保険会社の割合は全体の半数以下の47%(※1)に留まっています。2020年度における保険の新規加入数は約1,135万件(※2)に及び、これらの膨大な件数の手続きにおいて、いまだ紙帳票でのやりとりが多く残っています。

各種保険の新規加入時には、補償内容や保険料などが記載された保険証券が発行されます。営業担当者が法人企業のお客様へ最適な保険プランを提案する有効な手段として、既に加入している保険証券の内容と新しいプランを比較した分析表を作成するケースがあります。その場合、過去に販売した保険証券の内容を目視で確認した上で必要情報を手入力しています。過去に販売した保険はバリエーションが豊富である上、大企業などは従業員数に比例して入力項目が多くなることもあり、従来の分析表作成には多大な時間と労力がかかっていました。

保険証券の読取に対応した「DX Suite」のAI-OCRを活用することで、契約者情報だけでなく、保険料や契約内容・解約返戻金・その他特約などを含めた保険証券内の33項目を迅速にデジタルデータ化することができます。これにより、​​従来発生していた手入力業務の工数を低減し、人的な入力ミスも防げるようになります。さらに、他システムと連携することで、分析表作成の自動化も可能になります。

(※1)出典:損保ジャパン日本興亜総研レポート「保険業界のデジタル化の現状と取り組み ー行動特性データにリンクする医療保険ー」
(※2)出典:一般社団法人生命保険協会「生命保険事業概況年次統計」(2020年度)

本件に関するお問い合わせ先

お問い合わせはこちらのフォームからお寄せください。

「DX Suite」について:https://dx-suite.com/