エントリー

menu

contact

NEWS
ROOMニュースルーム

URLをコピーしました

2022.06.21

プレスリリース

AI inside と東北大学が「持続可能な未来づくり」に関する連携協定を締結、ゼロエミッションなAI・インテリジェンスの社会実装検証によるスーパーシティの実現へ産学連携を強化

「世界中の人・物にAIを届け、豊かな未来社会に貢献する」をミッションに掲げ、AIプラットフォームを提供するAI inside 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO兼CPO:渡久地 択、以下「AI inside」)は、国立大学法人東北大学(所在地:宮城県仙台市、総長:大野 英男、以下「東北大学」)と、AI・データサイエンス分野における人材育成とAI・インテリジェンスの社会実装の検証並びにビジネス創出を通じた持続可能な未来づくりに関する連携協定(以下「本協定」)を 2022年6月20日(月)に締結しましたことをお知らせします。

この度の連携協定により、AI inside が世界中の人・物にAIを届けることにより目指す豊かな未来社会:Smart X の実現と、東北大学の自然災害や感染症などの予測困難なリスクに対してレジリエントかつ持続可能な未来社会の実現に向け、双方の人的・知的資源の活用を図り、連携を強化していきます。

(左:AI inside 代表取締役社長CEO兼CPO 渡久地 択、右:東北大学 理事・副学長(共創戦略・復興新生担当)グリーン未来創造機構長 佐々木 啓一 氏)

本協定のポイント

AI inside と東北大学は、AI・インテリジェンスの社会実装の検証やデータを活用した新ビジネス創出に関する事項、持続可能な未来づくりに必要な業務や専門知見を持ちわせたAI・データサイエンス人材育成に関する事項やスタートアップに関する事項などにおいて連携を強化していきます。

【取り組み内容の例1】

国内外からの研究者と技術が集結する福島国際研究教育機構における複数の研究開発分野(ロボット・月面・宇宙産業・農林水産・エネルギー・医療等)や、福島県浜通り地域に検討が進められている東北大学Fサイエンスパーク構想に係る研究開発分野のAI・インテリジェンスの社会実装の検証やデータを活用した新ビジネスの創出

【取り組み内容の例2】

仙台市と東北大学が取り組む「スーパーシティ構想」や、ロボティクス・次世代モビリティ・ スマート農業などの次世代のテクノロジーの利活用に取り組む福島県などにおけるAI・データサイエンス人材の育成への貢献

締結の背景

AI inside は、持続可能な未来社会を目指す「Smart X」構想の実現に向け、これまで蓄積してきたコアテクノロジーや知見・経験をあらゆる企業・団体へ提供してまいりました。また、東北大学は、「世界に伍する大学」としてあらゆる分野における「知」を活用し、日々課題解決に取り組んでいます。

しかしながら、日本は世界から見ても課題先進国であり、抱えている社会課題も多岐にわたります。少子高齢化・労働人口の減少(人材不足)・過疎化(消滅都市も含む)・都市一極集中・地球温暖化(異常気象)・自然災害・インフラ老朽化・環境汚染・感染症などに加え、福島では原子力災害・風評被害などの課題も抱えています。

AI inside と東北大学は、互いの強みを生かし融合することで、世界の社会課題を解決することができると確信し、さらに、福島を中心とした地域社会の課題解決や発展的な復興を目指すため、連携協定を締結することとなりました。

東北大学 理事・副学長(共創戦略・復興新生担当) グリーン未来創造機構長 佐々木 啓一氏よりコメント

本協定により、AI inside 社と共に、東北大学が掲げる「自然災害や感染症などの予測困難なリスクに対してレジリエントでかつ持続可能な未来社会の実現」に向け、福島を初め様々な地域・分野でAI・データサイエンス人材の育成と新ビジネス創出が前進すると確信しています。

AI inside 代表取締役社長CEO兼CPO 渡久地 択よりコメント

本協定により、当社と同じ未来社会を描く東北大学と共に「Smart X」の実現にむけた連携・協力を強めてまいります。AI人材育成や社会・環境問題の解決、持続可能でゼロエミッションなAIの実現といった未来へと一歩前進することを確信しています。

特別対談のご案内

この度の協定締結を記念し、特別対談を実施いたします。

  • テーマ:「AI・インテリジェンス活用とAI人材による持続可能なグリーンな未来の実現を目指して(仮)」
  • 登壇者:東北大学 理事・副学長(共創戦略・復興新生担当) グリーン未来創造機構長 佐々木 啓一氏、AI inside 代表取締役社長CEO兼CPO 渡久地 択
  • 日程:2022年8月3日(水)15:00~16:00
  • お申し込み:フォームにて先行受付を行っております。後日詳細が決定しましたら、ご案内いたします。
  • 開催場所:オンライン(無料)

※内容は変更になる可能性がございます

東北大学との取り組みについて

AI inside は2019年から4年にわたり東北大学のAI・データサイエンス教育に貢献してきました。

  • 2019年~:経済学部における「ビジネスデータ科学」の提供(AI人材300名以上育成)
  • 2020年~:「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」の基礎、応用コンテンツ等の整備
  • 2020年~:東北大学ビジネス・インキュベーション・プログラム採択事業とのAI活用検討
  • 2021年~:自動機械学習プラットホーム(AMATERAS RAY)の提供

「東北大学グリーン未来創造機構(Green Goals Initiative))」について

「東北大学グリーン未来創造機構(Green Goals Initiative)」は、グリーン未来社会の実現に貢献することを目的として、2021年4月に設置されました。地球環境と人類の持続可能な未来のために、「グリーン社会の実現」に貢献する人材の育成、研究開発、社会共創を進めるとともに、大学キャンパスのカーボンニュートラルを進めることを宣言しています。

東北大学グリーン未来創造機構HP:https://www.ggi.tohoku.ac.jp/
コンセプトムービー:https://youtu.be/wuyVMmv-_To

AI inside 株式会社について(https://inside.ai

AI inside は「世界中の人・物にAIを届け、豊かな未来社会に貢献する」というミッションのもと、AIを作る・使う「Learning Center」「AMATERAS RAY」、AIを動かす「AI inside Cube」、あらゆる情報を高精度にデジタルデータ化する「DX Suite」、実践型AI教育プログラム「AMATERAS EDU」を提供しています。AI inside は、これらAIプラットフォームの提供を通じ、多種多様な価値あるAIの分散的な創出とユーザ間のシェアを促すことで、AIが隅々まで拡がった社会の実現を目指します。

社名:AI inside 株式会社
所在地:東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビルディング4階
代表者:代表取締役社長CEO兼CPO 渡久地 択
設立:2015年8月
事業内容:人工知能および関連する情報サービスの開発・提供

※文中の製品またはサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ先

AI inside 株式会社 広報担当
TEL:03-5468-5041 E-mail:pr@inside.ai